SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

ゆうど

目白のギャラリーゆうどのブログ
<< 古衣市 | main | 風水土のしつらい展 >>
ウォン・ウィンツァン コンサート  Ethnic Live of Satowa
0
    ウォン・ウィンツァン コンサ―ト
    Ethnic Live of Satowa

    2013年 4月21日(日)3pmより

    ギャラリー ゆうど(東京・目白)にて

    ☆ 予約不要 ☆ 当日払 ☆

    アフリカ・セネガルの楽器 「コラ」を演奏する川岸宏吉さんを迎え、
    目白の古民家を改造したギャラリー「ゆうど」で、
    民族音楽テイストな即興エスニック・ライブを行います。

    畳の上でお茶やお菓子を食べながら(スペース的に余裕があればの話ですが)
    膝を突き合わす距離感で、和気あいあい、
    楽しい春のライブを、楽しみたいと思います。
    予約なしの当日払いです。
    定員が溢れても、お庭で聞くこともできます。
    ぜひ多数お越しください。

    出演:
    川岸 宏吉(コラ)
    ウォン 美音志(ギター、E・ベース、ウクレレ)
    ウォン・ウィンツァン(シンセサイザー、カンテレ、サズ)


    2013/4/21 Sunday

    Open : 14:30
    Start : 15:00
    End : 18:00

    場所:
    ゆうど(目白駅)
    東京都 新宿区下落合3丁目20−21
    Tel : 03-5996-6151
    地図http://www.jade.dti.ne.jp/yu-do/regular/map.html

    参加費:
    3000円(日本茶、お菓子付)
    予約不要、当日払い
    お子様や障害のあるかたもお気兼ねなくご来場ください。
    定員30名

    企画:Satowa Music

    ■ 川岸宏吉 Hiroyoshi Kawagishi
    (コラ)
    アマホロ・ミュージック主宰

    1993年 初めて訪れたアフリカ、セネガルのゴレ島において、
    民族楽器“コラ”に出会う。 その音色の美しさと奏法に魅了され、
    自己の内面性を表現するのに最適な楽器だと直感する。
    以後コラを中心に音楽活動を開始。
    インドの弓奏弦楽器エスラージ奏者の向後隆氏との『AMAHORO』や
    ヴァイオリニスト武藤祐生氏との『SERAPHIM』 、
    横笛奏者の福井幹氏、 オカリナ奏者の堀田峰明氏との『虹のひびき』といったユニットを結成。

    『SERAPHIM』ではニュース23の挿入曲や無印良品店内BGMを制作。
    2000年 無印良品より三枚組みのコンピレーションCD“BGM”発売。   
    また『虹のひびき』は1999年 フジTV系「ニュースJAPAN」にて、                     
    特集「現代人の心に効く新世界音楽」として、その活動が取り上げられる。
    2002年よりソロ活動を開始し、様々な制作活動に従事すると共に
    全国各地でライブ活動を展開中。
    また、共感するアーティストのプロデュースやセッション、ジョイントコンサートも
    積極的に行っている。
    http://www.amahoro-music.com/

    ■ ウォン美音志 
    (ギター、エレクトリック・ベース、ウクレレ)
    ギタリスト、コンポーザー、アレンジャー

    1984年東京生まれ。
    音楽に囲まれた環境で育ち、10歳よりギターを演奏。
    97年、ウォン・ウィンツァンの作品に編曲家として参加、
    13歳から音楽活動を開始。
    以後、作編曲家そしてギタリストとして、様々な活動を行う。
    近年はアコースティックギターを使用し、ポップでありながら繊細な、
    独自の世界観を持ったインストゥルメント音楽を展開。
    映画音楽等も手がけている。
    ギタリストとしてのソロデビュー・アルバム『InnerJourney』(08年)は、
    作編曲・演奏・レコーディング・ミックスダウンまでをトータルに自ら手がけたセルフプロデュース作品。
    音楽性のみならず、作品に込める精神性の深さには驚くべきものがあると高い評価を得ている。
    http://www.satowa-music.com/cd/cd-inner.html
    http://www.mineshi.com/

    ■ ウォン・ウィンツァン 
    (今回は シンセサイザー、サズ、カンテレを演奏します)
    ピアニスト、即興演奏家、作曲家  サトワミュージック主宰

    1949年神戸にて 香港出身の父、日本と中国のハーフの母との間に生まれ、1歳より東京で育つ。
    19歳よりミュージシャンのキャリアをスタートし、ジャズ、前衛音楽、フュージョン、ソウルなどを演奏。
    87年、瞑想の体験を通して自己の音楽の在り方を確信し、90年よりピアノソロ活動を開始。
    この頃に現在のウォン・ウィンツァンのピアノソロ・スタイルが生まれる。
    92年、インディーズレーベル SATOWA MUSICを発足、
    1'stアルバム「フレグランス」がFMから火がつきロングセラーに。
    以後コンスタントにサトワミュージックよりアルバムをリリース、その数は20タイトルを超える。
    代表作に「Doh Yoh」「エイシアンドール」「たましいのトポス」「光の華」など。
    まもなく新譜「月の音階(仮題)」2013年春リリース予定。
    また、NHKスペシャル「家族の肖像」、BShiスペシャル「中国世界遺産 九寨溝」、
    現在放送中のNHK「にっぽん紀行」や Eテレ「こころの時代」のテーマ曲でも知られている。
    ウォンのコンサート、とくにインプロヴィゼーション(即興演奏)では、
    音の力でオーディエンスの深い意識とつながってゆく。
    今回、ギャラリー「ゆうど」のライブでは、
    トルコの民族弦楽器サズやカンテレといったアコースティック楽器と、
    最近お気に入りで愛用のシンセサイザーを演奏。
    www.satowa-music.com

    | 貸しギャラリー企画 | 18:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    トラックバック機能は終了しました。