SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

ゆうど

目白のギャラリーゆうどのブログ
『グンデル と チャング 秋の音酔い』
0
    『グンデル と チャング 秋の音酔い』

    出演
    城島 茂樹&米花 知生(グンデル)
    チェ ジェチョル(チャング、踊り、唄)




    2014年10月26日(日)

    昼の部 14:30 開場 / 15:00 開演
    夜の部 18:30 開場 / 19:00 開演
    (※毎回定員30名程です)

    10月26日(日曜) 目白のゆうどにて、
    インドネシアの青銅琴「グンデル」と、韓国太鼓「チャング」で演奏会をします。
    グンデルの二人が対となって叩く姿や、鳴り響く音、
    そして音を止めてゆく手さばき、とても素晴らしいです。

    チェは太鼓を叩いて、踊って、歌います。

    お昼と夜では、全く別の表情が生まれる「ゆうど」。
    どんな一日になるか、とっても楽しみです。

    チェ ジェチョル http://mokurenblog.blog72.fc2.com
    Facebook     https://www.facebook.com/events/1471846039759391/

    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

    ゆうど(目白) 新宿区下落合3-20-21  http://blog.yu-do.noor.jp/

    入場料 2500円(1ドリンク付) 
    中学生以下 1000円 (1ドリンク付)
    ※高校生以上は通常料金 未就学児童は無料
    昼と夜 通し券  4500円(2ドリンク付)


    予約
    ・TEL 03-5996-6151(ゆうど)
    ・E-mail choijaechol@yahoo.co.jp (チェ)
    | ゆうど共同企画 | 18:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    1日だけの奥会津  昭和村百姓カフェ
    0
      1日だけの奥会津 昭和村百姓カフェ



      2013.11.23(土)
      AM10:30〜PM3:00

       メニューじゅうねん大福・珈琲またはお茶(500円)
      ※ご注文の方には特別メニュー(別途料金)もご用意しております。


      奥会津昭和村で今年収穫いたしました農産物をお届するために、
      一日限りのカフェがオープンします。
      東京にいながら昭和村を感じ、そして自然の恵みを堪能してみませんか。
      会場では農産物の販売や、昔の野良着の展示なども行います。


      ※農産物の展示販売・野良着の展示は、
      22日(金)AM10:30〜PM14:30も開催いたします。


      会場 ゆうど
      東京都新宿区下落合3−20−21
      JR山手線 目白駅より徒歩6分
      http://blog.yu-do.noor.jp/
      メールアドレスyu-do@jade.dti.ne.jp
      電話03(5996)6151

      主催 福島県大沼郡昭和村農業委員会(事務局 電話0241-57-2117)


      | ゆうど共同企画 | 17:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      大野川ヒメと山彦と文人の集い
      0
        大野川ヒメと山彦と文人の集い

        ー食と工房の市(いち)の復活・ニッポンの本来を求めてー

        詳しくはこちらへ→http://www.hoashi-honke.jp/event/index.html


        大野川ヒメと山彦と文人の集い


        その昔、戸次が大分の南の出入口として交通の要所だった頃、
        かつての文人墨客(田能村竹田・帆足杏雨など)が新たな文化を興し、川と海を結んで行き交いました。
        彼らを支えた帆足本家富春館は多くの自由人たちのサロンとなりました。


        この度は、本来あるべき姿の「ニッポンの食の文化」を見直し、
        私達の生活の根幹を支えている「生命」や「有機」「発酵・熟成」をテーマにしたものの数々を
        皆様にお届けします。
        現代の文人達=自然素材―木・竹・草・土・絹・麻・もめん・石などを使いものづくりをする
        ニッポン各地の優れたアーテイスト達を招き、直にもの作りの背景や思いなどお話します。

        肥沃な土地に恵まれた豊後大野川流域の食を通して交流し文化の足跡を残した文人たちの
        「理想郷」を探し出し、市(いち)の復活を再現します。


        とき 2012年9月13日(木)〜17日(月・祝)
        10:00〜17:00会期中無休(イベントのある日は延長も)

        ところ 大分 帆足本家富春館 + 酒蔵

        展示販売
        出展者

        【布・衣】
        亜舎 曽木朝子(アジアの衣)
        Afa 真砂三千代(衣)
        イザワミホ(帽子)
        イソノヨウコ(Tシャツとイラスト)
        小倉商会 小倉猛斗(アジアの生活着)
        Sind 原口良子(柿渋染め衣)
        GRASSHOUSE 秦泉寺由子(青竹染めキルト・布・衣・きもの・帯)
        田垣繁晴・小夜子(ヴィンテージデニム服、段ボールの仔犬)
        辻岡快(染もの、筒描き、手描き)
        はやしのりこ(袋物)
        BIN house(ジャワ更紗・身衣)
        柿渋 桃花 筒井道江(ふくろもの)
        悠々(時代着物)
        富春館:やまだけんじ、真木テキスタイル、アヴリル(衣)カヨコアラス(オールドキリム)
        亀井勇樹(木の鞄)idola(ビンテージボタン) 雑貨

        【木・竹・草・紙】
        勝水喜一(木工)
        下本一歩(竹のカトラリー)
        SPICA(古道具、家具)
        高見八州洋(竹細工)
        萩下美知代(木の指輪)
        松本寛司(木工)
        水内康子(草盆栽)
        リチャード・フレイビン(手漉き和紙)
        綿引千絵(漆)
        三桁 草刈樵峰(書、紙もの)
        オレクトロニカ(彫刻、木工)

        【土・ガラス・金属・玉】
        アーツ&アンティークス ミアルカ(ジュエリー、ガラス、銀器)
        新井真之(陶器)
        荒川尚也(宙吹きガラス)
        工藤和彦(黄粉引の器)
        みわしゅうたろう(銀細工)
        梁塵窯 門馬進(陶器)
        中村秀利(鉄家具)

        【素材マーケット】
        「めんだ」免田宏治(文化道具)
        西銘通商(綿・麻・糸)

        【イート・イン】
        クリシュナ (ヒマラヤ・キッチン) 
        タオ・オーガニック・ファミリー・ユニオン


        『食』の方々

        <戸次> 
        三輪農園 藤井哲さん(有機野菜・ごぼう)
        戸次鮑腸保存会(戸次伝統ほうちょう汁)
        戸次ごんぼの会(ごぼまん)
        戸次杏の会 (杏ジャム)

        <松岡>
        川の駅(無農薬有機野菜、果物、お米、お菓子、漬物、惣菜、お花、めだか)

        <犬飼> 
        大津留商店(黄金酢・縁むすび甘酒・麹)
        柴田とうふ店(柴田おばあちゃんのの手作りこんにゃく)
        大野川の天然鮎寿司

        <豊後大野> 
        キッチンうすだ(天然酵母パン・焼き菓子)
        麦わら帽子の会 (合鴨農法米・自然農法野菜、玄米餅・かぼす果汁)
        森田ファーム(無農薬小麦粉・大豆・玄米・米粉・きなこ)
        風の家(ベーグル)
        正直飯(自然彩食弁当)
        昭和堂(酒まんじゅう・炭酸まんじゅう)
        すどう (手作りベーコン、ソーセージ)
        タオ・オーガニック、ファミリーユニオン(エスニック料理・有機自家焙煎珈琲・手作りジンジャエール・焼き菓子)

        <清川>

        藤山力(鯉のぼり農法、無農薬無肥料の米・野菜)

        <臼杵> 
        かに醤油(塩麹、塩麹ドレッシング、味噌、醤油、ドン・バジョリータ)

        <竹田>
        竹田ジャム暦(山から摘んだ季節限定の旬ジャム・・いたどり/桑の実ジャムなど)
        七つ森農業(サフラン、自然野菜)

        <湯布院> 
        おもうこぼす(おはぎ)
        平野美和子、中曽根不二
        クックヒルファーム(チーズ各種)

        <九重>
        ベリージュファーム(無農薬100%ブルーベリージュース)
                
        <安心院>
        大きな豆の木(納豆、豆腐、きなこ など)
        プーの丘(農薬を全く使わず、加温もしない葡萄)
                
        <阿蘇産山> 
        明石農園(手作り豆腐味噌漬け、天然酵母パン)
        山の里 井博明(放牧あか牛・ソーセージ等)

        麹屋 浅利妙峰(糀・・ニッポンの本来を求めてーメッセージ)

        【展示】 於:酒蔵

        真砂三千代(衣)
        Sind 原口良子(衣)&リチャード・フレイビン(手漉き紙)
        荒川尚也(宙吹きガラス)
        ターシャ・テューダーの写真と絵本


        【イベント】

        13日(木)
        ☆ちんどん屋宣伝隊
        ・・帆足本家9:00出発〜戸次本町筋⇒トキハデパート前及び竹町商店街、府内5番街⇒戸次本町
        ちんどん隊メンバー・・・ちんどんリーダー(新井)・小倉猛斗(太鼓)・桃花(鐘)・松本寛司(ギター)・ゆうゆう・オオカミ協会 森永智子・戸次本町まちづくり推進協議会木本会長・今井俊博・富春館15代当主帆足耕一郎

        ●Yoshiko,skitchenのお菓子作りワークショップ
        秦泉寺由子さん
        「インドネシアの蒸し菓子KUE WAJIK(もち米のお菓子)をつくる」
        ジャワティー付き 15:00〜17:00  1800円(申込制定員15名〜20名)

        14日(金)
        ●染色ワークショップ「インドの手から手へ」
        Sind 原口良子さん
        インドの手仕事・柿渋のお話と布の表情を作る(染色・柿渋染めワークショップ)
        11:00〜12:30   3800円(申込制定員15名)
        ご自分で染めたショールをお持ち帰り頂けます

        ●講演「ターシャ・テューダーの夢の色、花の色、詩の色」
        ターシャ・テューダー翻訳家・詩人 内藤里永子さん
        13:30〜14:30 酒蔵 1500円(お茶と焼菓子付き・申込制定員50名)

        15日(土)

        ★「大野川の水神へ捧げる祭り」
        17:10〜18:10 酒蔵

        自然のめぐみに感謝し“大野川の水神を祭る”〜山から水へそして川から海へ〜

        出演:朗読/内藤里永子 舞/ミナル 歌/ 岡庭矢宵 
        衣/秦泉寺由子 着付け/真砂三千代     
        お話/帆足耕一郎・めぐみ、今井 芽

        ☆お祭りの後の会食会 大野川流域の自然のめぐみでつくるふだんのご馳走
        大野川流域の食語り 於:カフェ桃花流水

        戸次・犬飼・豊後大野・竹田・臼杵、久住・九重・湯布院・安心院、阿蘇産山・などの人々により産物紹介
        18:30〜19:30 酒蔵と前庭 ★とセットで3800円(申込制定員80名)
        <食>カフェ・レストラン桃花流水・一楽庵
        <協力>
        クリシュナ(ヒマラヤ・キッチン)
        タオ・オーガニック・ファミリー・ユニオン


        16日(日) 
        ●作り手より作品紹介
        リチャード・フレイビン、原口良子、真砂三千代、荒川尚也

        13:00〜 酒蔵
         
        出演:ミナル、岡庭矢宵、前田麻美
        (入場無料)
               
        ●高見八州洋さん(竹細工/湯布院)
        「竹のお話と名水でおいしいお煎茶を頂く時間
        15:00〜16:00 お菓子―富春館特製月餅付1000円(申込み制定員15名)   
        *お煎茶はお話しをしながら5名ずつ順番にお淹れします。

        17日(月祝)
        ●リンギンベルズロンドクラブ ライブ 
        (アコーディオン、サックス、パーカッション、歌・・福岡で活躍のバンドです。)
         
        14:00〜15;30 酒蔵 チケット前売り2500円・当日2800円(100名)

        リンギンとみんな・岡庭矢宵(歌)

        水神さまをみなでお見送り・・・

        主催:帆足本家富春館  
        企画協力:ゆうど 今井俊博・芽

        後援:大分合同新聞社/NHK大分放送局 /OBS 大分放送 / TOSテレビ大分 / OAB大分朝日放送
        大分ケーブルテレコム/月刊セーノ!/ANA 全日本空輸/フェリーさんふらわあ/戸次本町街づくり推進協議会

        ※プログラムは都合により変更の場合がございます。

        | ゆうど共同企画 | 15:51 | comments(1) | trackbacks(2) | - | - |
        福島が、私たちをみつけてくれた。
        0
          福島が、私たちをみつけてくれた。

          私はどこをどう歩くのか?
          どこから一歩を踏み出すのか?
          福島と私たちの未来を考えるために。


          ※写真は、震災後の福島に咲く綿花です。

          10月22日(土)・23日(日) 水の湧く目白の古民家・ゆうど
          22日(土)

          であう  11:00〜17:00
          フリートーク「自然循環としての生活文化を考える」
          今井俊博(ゆうど主宰)、里山長屋、トランジッションタウン ほか

          ●『みえないものとつながる』18:00〜20:30
          岡野玲子さん(漫画家)、廣田裕介さん(福島県GNS代表)のお話・言舞 はたりえ
          ※要予約 参加費3500円(軽食含む)

          23日(日)であう 11:00〜15:30
          22日と同じ
          めぐる 16:00〜18:00
          話「ニッポンの本来へ向けて、ヨーソロ!!」 今井俊博、池竹則夫さん ほか
          ワークショップ「オイリュトミーで地水火風の力を動く」 はたりえ
          解く(ひらく) 和太鼓:松井優典さん ほか
          参加費 1500円(茶菓含む)

          両日共
          美しき福島の写真展示(写真作品提供 フォト・サン・クラブ、八幡印刷所、福島高専写真部)、絵葉書・雑穀の販売、フリーマーケット、薬草炊きなど
          入場料 500円 ●印のイベント参加費には入場料が含まれます。

          ハタカンパニー・ゆうど共同企画
          お申し込み・お問い合わせ メール 
          hatacompany@gmail.com
          yu-do@jade.dti.ne.jp
          | ゆうど共同企画 | 10:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |