SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

ゆうど

目白のギャラリーゆうどのブログ
1月のゆうどお茶請けCafe 
0
    1月のゆうどお茶請けCafe


    1月18日(金)・19日(土)正午〜夜7時(L.O.6時半)

    12月のお茶請けCafeのメニューの写真です。



    これに薬草茶と天の紅茶とゆうどのお水(ハーブ入り)おかわり自由。

    別料金で、おにぎりやおやき、自家製酵母のゆうどのお水を使ったパン、
    沢山の美味しいジュレ、甘酒ラテや自家焙煎のコーヒーなどでした。
    (1月はメニュー変わります)

    薬草茶がストーブに掛かっていたり、おやきをフライパンで焼いたり、トーストを網でセルフで焼いていただいたり、ゆうどは湯気が立って、温かい雰囲気。

    冬の寒いひとときを温かいゆうどで過ごしてみませんか?
    | ゆうどCafe | 20:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    ジェーン・シベリー サロン・コンサート
    0
      ジェーン・シベリー サロン・コンサート
      「新春の心映え」

      JANE SIBERRY SALON CONCERT 
      「HEART GLOW AT NEW YEAR」






      盛況の内に終わりました。

      世界の歌姫、ディーバ(Diva)でした!
      こんなにも感動が続くことはない。
      今も彼女の声が心に、身体に鳴り響いています。

      彼女の声は、一つ一つに沢山の記憶が刻まれていて、それが粒立っているような、忘れがたい声です。
      まろやかで、美しくて、慈愛に満ちていました。

      ゆうどのお水を伝って、この声が振動して皆さんに届きますよう。


      写真:池田敬太

      1月3日は、大野慶人さんの指人形の踊りに合わせて、
      ジェーンさんが、プレスリーの「好きにならずにはいられない」を歌ってくださいました。

      写真:吉久美佳

      | ゆうど共同企画 | 19:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      ゆうどお茶請けCafe 2019年1月
      0
        1月の 「ゆうどお茶請けCafe」 ぜひいらしてくださいね。
        | ゆうどCafe | 18:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        新春の心映え
        0
          『新春の心映え』

          お正月 1月3日午後3時〜、4日夜7時〜、5日夕5時〜
          カナダの女流歌手 ジェーン・シベリーさんの、サロン・コンサートをゆうどでいたします。

          三日間とも満員になりました。ありがとうございました。


          素晴らしいです!

          お問い合わせ・ご予約はゆうどまで。
          メール  yu-do@jade.dti.ne.jp
          お電話 03−5996−6151 
          (申し込み先は、メノウ東京さんから、ゆうどに変わりました)




          あなたには誰も必要ない
          あなたには癒しなどいらない
          あなには恋人などいなくていい
          あな自身が、その全てを持っているのだから

          あなたには自分を必要とする人もいらない
          あなたは誰にも想われたくなどない
          でも僕はほとんど確信している
          あなた自身が、僕の全てなのだと

          ……………………


          ジェーン・シベリーは、昔からすごい歌を歌ってる。
          これは1984年、29歳の時の曲。
          当時は、人間にはこんな想いもあるなどと、思いもしなかった。

          ……………………

          ひとりの友人に会うために日本に来る。その人のためにコンサートを行う。

          「心延(ば)え」という言葉を、久しぶりに思い出した。

          ……………………

          #ジェーンが来る!
          しかし、ジョニ、ローリー、ケイト、いま「それぞれの40年」を振り返ってみれば、過激で純粋な姿勢をずっと貫き、筋を通して来たのはジェーンだけかもしれない。今のジェーンの音楽に底光りのする輝きを与えた積み重ね。それがもうすぐ、日本でも聴ける!
          bit.ly/2zJJLPr

          ……………………

          1980年前後に「女性アーチスト」が台頭して来た。その中で「新たな時代を拓く先鋭的な存在」が、#ジョニ・ミッチェル、#ローリー・アンダーソン、#ケイト・ブッシュ、それにこの #ジェーン・シベリー。日本だと「他の3人は知ってるよ!」って人ばかりだけど、聴いて驚け!

          ……………………

          懐かしく思うのはあの暗闇
          恐怖などなく、どこか柔らかい
          素晴らしい黒の質感

          もしあの時に戻ることができるなら
          私はあの沈黙を抱きしめたい
          それを自分に受け入れ、それからあなたに返す

          ……………………

          ジェーン・シベリーのAt The Beginning Of Timeの歌詞の最後

          Now?
          No.

          そして私はこう言うわ
          「暗闇の中で待っている」と

          私たちは世界が始まるのを待っていた
          それぞれのボートに乗って

          私たちは暗闇の中で待っていた
          それぞれの考えを持って

          今?
          いいえ。

          ……………………

          この、たった二つの単語の広がりに放り出されている。
          Nowという収束に対するNoという拡散。

          Noという言葉が、これほど希望としての温もりを感じさせたことはないと思う。

          これまで理解できなかった、Noに込められた気持ち。

                                  竹場元彦
          | ゆうど共同企画 | 17:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          ゆうど延長のお知らせ
          0
            ゆうどはまた6月末まで延長になりました。

            これからもどうぞよろしくお願いいたします。

            | お知らせ | 17:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |